奇跡のワイン

個人的な雑記、気になったニュース、商品紹介など、フリーテーマで綴ります。

【 メルカリ 】メルカリが「現金出品」対策を講じました。【 マネーロンダリング 】

 

誰でも簡単に、売ったり買ったりを楽しむことができる、スマホで簡単フリマアプリ「メルカリ」をご存知でしょうか?

売る側は、スマホで写真を撮って紹介文を入力するだけで簡単に出品できる。

買う側は、スマホで品物を探して好きなものをボタン1つで即購入できる。

インターネットを上手く活用した大規模な”フリーマーケットアプリ”のことです。

f:id:icewine:20170424211636p:plain

ここ数年で爆発的に利用者数を伸ばし、CMに渡辺直美さんブラザートムさんを起用し、ノリに乗っているメルカリですが、大きな市場となると悪用する人がどうしても出てくるのも事実です。

ではいったい何が問題になっているのかと言うと、先日4/22頃にツイッターで「現金が出品されている」という投稿があったところから始まりました。

 

その出品は[ 1万円札x4枚=40,000円を4万7,300円で売る ]といった内容で、一般人では目的が理解できないような取引。

落札者の目的は落札金額をクレジットカードで決済することで、カード枠の現金化に使っているのではないか?と思われています。

 

どうしても現金が手に入らない状況で、クレジットカードを所有していた場合、現金を購入することで即現金を手に入れることが出来、クレジットカードの引き落としまでの期間、支払いを先延ばしにすることができます。でもこれってかなりギリギリの状況なのでは。。。

 

更には「マネーロンダリング」に使われる可能性があります。マネーロンダリングとは麻薬取引、脱税、粉飾決済などの犯罪によって得られた資金、つまり汚れたお金の出所をわからなくするために様々な金融機関講座など利用し転々と送金を繰り返す行為のことです。

 

このツイッターは瞬く間にインターネット上で広がり、メルカリ側にもすぐに伝わったようで、メルカリ側では「利用規約マネーロンダリングを禁止しており、それにつながる可能性がある」として、現金の出品を同日に禁止し、出品を見つけ次第、順次削除していると発表しました。

 

 

先日の記事でも「Amazonマーケットプレイス詐欺」をご紹介しましたが、こんなに身近に誰でも使っているようなサービス内でも、様々な手口で悪用されているのですね。

変なコトに巻き込まれないように、どんな状況でも正しい判断が求められる時代になってきましたね。

危ないところに近づかなければ大丈夫、そんな風に思っていても、インターネット上ではすぐ近くに危ない人がいるのかもしれません。。。

 

◆追記=========

4/25現在ではチャージ済の電子マネーSuicaPASMOが取引されているようです。

すぐに対策がとられると思われますが。。。

 

◆◆追記========

4/26時点で電子マネーも禁止になったようです。ですが形を変えて取引は行われているようです。