奇跡のワイン

個人的な雑記、気になったニュース、商品紹介など、フリーテーマで綴ります。

【動画】 実写映画 『 鋼の錬金術師 』 最新映像公開!完成度が高いぞ!

 

2017年冬に公開予定の実写版映画『鋼の錬金術師』のトレーラー映像が公開されました!

f:id:icewine:20161117194947p:plain

短い映像ですが、主人公エドワード・エルリック山田涼介)や全身フルCGで作られた主人公の弟アルフォンス・エルリックが登場。

派手なCG演出で「錬金術」を再現、かなり力を入れているように感じますね!

f:id:icewine:20161117195318p:plain

 

 

◆ 『鋼の錬金術師』とは

月間少年ガンガンで連載されていた漫画。

世界21カ国で発売され、全世界シリーズ累計部数7,000万部を超える、空前の記録を打ち立てた「荒川弘」の傑作コミックだ。

ここまで完成されたストーリーは類を見ないと言われるほどの作品で、アニメシリーズも大ヒットを記録した。

原作は2001年~2010年に連載されていたのだが、連載終了後も高く評価され、その人気は未だ衰えていない。

 

◆ 『錬金術』が当たり前に存在する世界

そもそも”錬金術”と言われると、それだけで様々な解釈があると思います。同作では”物質の構成や形状を変化させ新たなものに作り替える技術の総称。無から有を生む万能の術ではなく「等価交換」を原則とする厳正科学”のことを指している。

この世界には「国家錬金術師」という国家資格があり、その資格を有する者は「練成陣」を使用して錬金術を使用することができる。

”科学者”ということになってはいるが、少年漫画ならではの設定で”手で触るだけで錬金術が可能”になっている。

 

◆ 緻密なストーリー

そんな非現実な世界でありながら、その中にはリアルなヒューマンドラマが存在する。そんな見応えのある作品です。

この世界観の中に生きているから”ここでこうなれば、結果こうなる”そういう妄想が容易にできてしまうという不思議な感覚に陥る。

漫画「鋼の錬金術師」はそれほどまでに完成度の高い作品だ。今回の実写映画版には”ファンをガッカリさせない”クオリティを期待する。

 

公式サイトはこちら

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

 

こちらもオススメ。

self-taught.hatenablog.com